メールマガジン
新着コラムやうれしい情報がいっぱいのメールマガジンを配信中!
詳細を見る
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 初心者におすすめおトクな税制優遇制度~つみたてNISA編~

初心者におすすめおトクな税制優遇制度~つみたてNISA編~

マネー
2019.06.19
初心者におすすめおトクな税制優遇制度~つみたてNISA編~

2018年1月よりスタートしたおトクな税制優遇制度、つみたてNISAをご存知ですか? つみたてNISAとは、長期の積立・分散投資を通じた資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度です。
今まで資産運用に馴染みがなかった若年層を中心に利用者が増え、新聞やインターネットで目にすることも多くなりましたが、「正直よく分からない」といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、つみたてNISAの制度概要やメリットについて詳しく説明していきます。夏のボーナスが支給されるこの時期に、おトクな制度を活用した資産形成を始めてみませんか?

まずはつみたてNISAの制度概要をチェック

つみたてNISA制度概要

chart_01.png

つみたてNISAの投資イメージ

chart_02.png

つみたてNISAの対象商品の投資信託ってどういう仕組み?

chart_03.png

ポイント1 少額の資金で始められます
投資信託は、多くのお客さまから資金を集め、まとめて運用を行います。そのため、少額から投資することができます。

ポイント2 専門家が運用します
投資信託は、運用の専門家である委託会社(運用会社)が情報収集力や調査・分析力を駆使し、資産運用を行います。

ポイント3 分散投資が可能です
一般的に値動きのある債券や株式などへの投資は、投資信託を通じて複数の銘柄に投資(分散投資)することで、価格が大きく変動するリスクをおさえる効果があります。

つみたてNISAを活用するとどれくらいおトクなの?

つみたてNISAの対象ファンドを20年間、毎月3万円積立投資した場合の運用シミュレーション

chart_04.png
※出所:Bloomberg等のデータを基にみずほ銀行が作成
※1999年3月~2019年2月の各月末に3万円ずつ積立投資を行い、2019年3月末まで運用した場合のシミュレーションです。
※本シミュレーションは、各インデックスデータを基にみずほ銀行が行ったものであり、投資信託の運用実績ではありません。実際のファンドで積立投資する場合は分配金払出し後の基準価額で購入するため、積立金額の評価額は実際と異なる場合があります。また、算出課程で手数料・税金等は考慮していません。また、将来における当ファンドの運用成果等を示唆・保証するものではありません。
※シミュレーションにおいて使用した指数について詳細はこちら

上記グラフは、対象ファンドを20年間、毎月3万円積立投資した場合の運用シミュレーションです。
価格の変動幅はファンド毎に異なりますが、すべてのファンドで投資金額を上回る結果となっています。ちなみに、運用シミュレーションにおいて最も値上がり益が大きくなったのは海外株式で運用するファンドで、投資金額累計720万円が約1,641万円となり、値上がり益は約921万円となりました。
この場合、つみたてNISAを活用しないと、約921万円の値上がり益に対し約187万円の税金が発生してしまいますが、つみたてNISAを活用すれば税金がかからず値上がり益を全額受け取れます。資産運用にあたってはつみたてNISAを上手に活用しましょう。

つみたてNISAはどんな方に向いてるの?

chart_05.png

将来に向けて資産運用をしたいと思いつつも、こんなお悩みをお持ちで一歩が踏み出せていない方も多いのでは?
つみたてNISAを活用すれば、これらのお悩みは一挙に解決できます!

  1. まとまったお金がない
    「資産運用はお金持ちがやるもの」と思っていませんか?それは大きな間違いです。最近ではコツコツ少額から投資できるものが増えてきており、みずほ銀行のつみたてNISAは毎月1,000円から投資可能です。継続が難しければ、都度金額を見直すこともできますので、どなたでも安心して始められます。
  2. 資産運用をしている時間がない
    「売り買いの手続きが面倒くさそう」「資産運用を始めると、毎日のように株価や為替をチェックしないといけない」と思っていませんか?決してそんなことはありません。つみたてNISAは購入するファンドと金額等を最初に決めさえすれば、後は日々の相場の動きに関わらず、毎月自動引き落としにより決まった金額で購入しますので、タイミングに悩むことも、お手続きの手間もありません。普段お仕事等でお忙しい方でも安心して続けられます。
  3. 多くの商品からどれを選べばいいのか分からない
    投資信託は世の中に何千本もの種類があり、何を買えばよいか分からず、断念してしまう方も多いのではないでしょうか。みずほ銀行のつみたてNISAは、お客さまに迷わず選んでいただけるよう、みずほ銀行が厳選した3商品5ファンドを用意しており、購入時手数料はすべて0円です。低コストかつ分かりやすい商品に絞っていますので、初心者の方でも安心してお選びいただけます。

おわりに

つみたてNISAの制度概要や活用することのメリットについて理解は深まりましたか?日頃お金について考える機会はそんなに多くはないと思います。夏のボーナスでまとまった資金が支給されるこの時期こそ、ご自身の資産や今後のライフプランについて考えてみてはいかがでしょうか。ぜひ、手軽に始められ、おトクな制度であるつみたてNISAの活用をご検討ください。




投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。また、預金保険の対象ではありません。 投資信託については元本の保証はありません。元本割れのリスクや手数料などのコスト等、ご注意点がございます。

キーワードで絞り混む
人気記事
ranking人気記事
  • no.1【後編】年収850万円超だと税負担アップ!?2020年税制改正について解説

    【後編】年収850万円超だと税負担アップ!?2020年税制改正について解説

    2019.10.09

    記事を見る
  • no.2借金があっても財産を相続できる?50代で知っておきたい相続の基礎知識【前編】

    借金があっても財産を相続できる?50代で知っておきたい相続の基礎知識【前編】

    2019.09.18

    記事を見る
  • no.3年末調整でおかねを取り戻そう! 控除額を最大にするには?

    年末調整でおかねを取り戻そう! 控除額を最大にするには?

    2019.10.30

    記事を見る
  • no.4【前編】年収850万円超だと税負担アップ!?2020年税制改正について解説

    【前編】年収850万円超だと税負担アップ!?2020年税制改正について解説

    2019.10.02

    記事を見る
  • no.5「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    2018.05.23

    記事を見る