メールマガジン
新着コラムやうれしい情報がいっぱいのメールマガジンを配信中!
詳細を見る
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 福士蒼汰さんとともに考えるお金と人生のこと〜【資産形成フォーラム】レポート

福士蒼汰さんとともに考えるお金と人生のこと〜【資産形成フォーラム】レポート

マネー
2019.03.06
福士蒼汰さんとともに考えるお金と人生のこと〜【資産形成フォーラム】レポート

2019年1月27日、みずほ銀行が協力したイベント「資産形成フォーラム 〜実りある未来に向けて〜」がグランドプリンスホテル新高輪にて開かれました。このイベントでは、お金に対して悩みや不安を持つ方を対象とした、様々な企業による各ブースでのサービス紹介、専門家や著名人による講演を実施。問題解決のヒントを学べる貴重な機会となりました。

今回は、当日の会場の雰囲気とともに、福士蒼汰さんとファイナンシャルプランナーの山口京子さんが登壇した「学ぶ、未来への準備〜お金を「守る」「増やす」方法とは〜」をテーマにした講演会の内容をレポートします。

ファイナンシャルプランナーが解説する、お金を守る・増やすための方法

この講演では、みずほフィナンシャルグループのCMに出演中の俳優、福士蒼汰さんとともに、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんのアドバイスのもと、お金の守り方と増やし方について学びました。来たるべきライフイベントやセカンドライフに向け、私たちは今どのように貯蓄をするべきなのでしょうか。

01資産形成セミナー.jpg

【登壇者プロフィール】

02資産形成セミナー.jpg

山口京子さん
ファイナンシャルプランナー。
テレビ番組の司会をしたり、お気に入りの曲をラジオで流したり、海外のリゾートレポートをしていたある日、「これからはお金を紹介する人になろう!」とFP資格を取得。現在はテレビ、ラジオ、セミナー等で活動中。 著書に『お金に泣かされないための100の法則』などがある。

03資産形成セミナー.jpg

福士蒼汰さん
1993年5月30日、東京都出身。2011年にドラマ「美咲ナンバーワン!!」で俳優デビュー。同年9月には仮面ライダー生誕40周年記念作品「仮面ライダーフォーゼ」で主役に抜擢される。2014年にエランドール賞新人賞、2015年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。デビューより現在までドラマ、映画、CM、舞台にも出演するなど、多方面に活動する。
2015年7月よりみずほフィナンシャルグループの各CMに出演している。

人生100年時代はすぐそこに?日本人の平均寿命を知る

冒頭で山口さんから「日本人の平均寿命が男女共に80歳を超えているかどうか」という◯×クイズを出題。「日本人は男女共に長生き」というイメージを持つ福士さんと同じく、会場にも◯だと答える参加者が多く見られました。

クイズの正解は「男性の平均寿命は81.09歳、女性の平均寿命は87.26歳」で、どちらも80歳を超えることから◯。そのうえで、「平均寿命のみならず、65歳時点での平均余命をしっかりと把握すること」が大事だと山口さんは説明します。

65歳時点での平均余命は、男性:およそ20年、女性:およそ24年。男性の4人に1人、女性の2人に1人が90歳を迎えられる見込みのため「人生100年時代」は、もう既に現実のものとなりつつあるようです。

04資産形成セミナー.jpg

さらに、人の一生をふかんして考えると、60歳から90歳までは30年。つまり、現在25歳の福士さんが90歳を超えるほど長生きした場合、還暦を迎えた後にさらに同じだけの年月を過ごすことになります。それを聞いた福士さんは「60歳になることもすごく先だと思っているので、全く想像がつきません」と語りました。

結婚、マイホーム、子育て......ライフイベントにはお金がかかる!

続いて山口さんは「人の一生には様々なライフイベントが発生し、その都度多くのお金がかかること」を説明します。

05資産形成セミナー.jpg

結婚や住宅購入、子育てなどと比較して、セカンドライフにかかる予算が大きいことが分かります。この数字は、公的年金やその他の収入と生活費の差額となる月5万円で30年生活する場合の試算となります。長生きすることは素晴らしいことですが、長生きすればするほどお金がかかってしまうのも現実ですので事前に十分な貯蓄をしておく必要があります。

これらの中で福士さんが気になるのは「セカンドライフ」のこと。

「セカンドライフはずっと遠い先のことだと思っていましたし、セカンドライフに必要な金額が1,800万円もあるとされていることが意外でした」

と驚きが隠せない様子。そこで山口さんが「だからこそ、日頃からコツコツとお金を貯めておくことが重要なんです」と強く呼びかけました。続いて、日頃の家計管理について、チェックテストを提案します。

06資産形成セミナー.jpg

「クレジットカードは怖いと思っている人」「区民だよりを真面目に読んだことがない人」が多い一方、福士さんが当てはまる項目は2つだけ。「しっかりとお金に向き合えている」福士さんはもちろん、多くの項目に心当たりのある来場者に向けて山口さんは家計管理へのアドバイスをします。

中々貯蓄できないという人も取り入れたい、積立貯蓄。

07資産形成セミナー.jpg

家計管理をしようとしたとき、「収入から出ていくお金を引き、余った分を貯蓄に回そう」と考える人もいるでしょう。しかし実際は、予想外の出費が避けられないことも少なくありません。「貯蓄する分のお金が無くなってしまった」という事態に陥るその前に、先取り貯蓄をしておくことが大切です。

みずほ銀行で利用できる「積立定期預金」では、毎月自動的に積み立てたお金を、利用者が指定した日に定期預金にまとめながら運用できます。山口さんのおすすめは、手取りの1割程度の金額からスタートし、どんどん積み立てていくこと。もっと多くの積み立てができる独身の場合は、手取りの4割を目標に積み立てることを検討してみましょう。

ここで気をつけたいのは、それ以上の金額を貯蓄に回そうとすること。自分の好きに使える金額がどんどん少なくなると、気持ちの余裕が無くなってしまいます。まずは5,000円から始められる「みずほ積立定期預金」から、気軽にスタートするのも良いでしょう。

みずほ積立定期預金

また、「積立定期預金」に似たような商品でおすすめしたいのが「積立投信」です。定期預金のように元本保証ではありませんが「お金に働いてもらう」ことで、より少ない金額で目標金額まで貯まることが期待できます。
毎月1,000円から始められ引落日を決めておけば自動で積み立てされ、リスクを抑えて運用ができるのでこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

積立投信について詳しい説明はこちら

貯蓄は「椅子に座ったままできる」ところから?

貯蓄を考えたとき、「食費から節約しよう」と考える方もいるのではないでしょうか。しかし、食費を削ろうとすると、どうしても生活に潤いがなくなってしまいます。そんなときに山口さんがおすすめするのは、「椅子に座ったままできる節約」です。

支出は、金額が決まっている固定費と、月によって金額が異なる変動費に分かれています。ここでいう固定費とは、住宅ローンや保険料、携帯電話などの通信費が当てはまります。一度、現在のプランなどを検討し直すことで、固定費は十分に下がります。さらに登録したまま利用していない有料サービスがあれば、必要かどうかを再検討するのも有効です。小さなところからコツコツと、生活に直接影響しない部分から始めるのが現実的です。

併せて知りたい貯蓄関連の記事
「貯蓄」を成功に導く3つのポイント

自分の資産を守るためにできること。

08資産形成セミナー.jpg

「お金は、なんとなく貯蓄しているだけでは増えません」と語る山口さんは、お金を3つの種類に分けることを提案します。

それは生活費としての「使うお金」、住宅の購入や子供の教育費など、使う目的がはっきり決まっている「守るお金」、10年以上使わない「増やすお金」です。

現在(2019年1月27日)、普通預金の金利は0.001%程度です。仮に宝くじで当たった10億円を普通預金したとしても、利息は年間1万円ほど、さらに税金が引かれれば7,900円ほどにしかなりません......! 「利息がほぼ付かない現状、果たして貯蓄だけで良いのでしょうか?」と投げかける山口さんの一言を聞き、会場にいる人々の危機感が強まります。

そこから山口さんは「資産運用」を提案しますが、福士さんは「資産運用は難しくて失敗するリスクがあるというイメージです」と答えると、会場からも賛同する声があがりました。

しかし山口さんは、資産運用とは不安定な資産の「価値」を維持するために行うことだと説明します。円の価値は、明日どうなるか誰にもわかりません。為替や物価の変動などの影響を受けるため現在の1万円が10年後も同じ価値を保っているかわからないのです。こういった視点を持ちながら、貯蓄とともに資産運用を行うことは資産を守るうえで重要です。

09資産形成セミナー.jpg

「投資を始めたいけれど、どう始めたらいいのかわからない」という人に、山口さんは投資信託をおすすめします。投資信託は様々な企業の株が少しずつ入っている、いわば"投資の福袋"です。

そんな投資信託をはじめ、自分に合った資産運用を見極めるツール"ロボアドバイザー「SMART FOLIO」"を、福士さんが実際に体験してみることに。ロボアドバイザーは自分の年齢や年収を入力、特定の専門用語や時勢について知っているものをチェックしていくと、どのような形で資産運用をするべきかアドバイスしてくれるサービスです。気軽にシミュレーションできるので、一度試してみてください。

ロボアドバイザー「SMART FOLIO」はこちらから

SMART FOLIOの使い方はこちらから

講演の最後に「お金を貯めておくこと」「老後にお金を残すためには資産運用が必要であること」と同時に、「お金を考えることは、人生を考えること」と山口さんからまとめの説明がありました。福士さんとともに、会場にいる人々は人生100年時代に到達しつつある現在、早い段階でお金を貯める・増やす方法をしっかりと学べたことで満足げな表情を見せていました。

banner_shisan-report.jpg

<みずほ公式キャラクター>「あおまる」も登場! みずほ銀行展示ブースも大盛況!

10資産形成セミナー.jpg

講演会場の外では、各企業による展示ブースが設けられていました。
みずほ銀行のブースには、みずほ銀行公式キャラクターで、おかねのことに詳しい「あおまる」も登場。ブースを訪れた人をお迎えしたり一緒に写真を撮影したり、子供から大人まであらゆる人を魅了していました。

11資産形成セミナー.jpg

ブース内では、お金にまつわる相談を受けられたほか、講演で紹介されていたサービス、ロボアドバイザー「SMART FOLIO」の体験会も実施。貯蓄や資産運用に悩んでいる方が実際に体験。「非常に参考になりました」という声も多く聞かれました。

12資産形成セミナー.jpg

「資産運用」に対して「専門知識がないからできないのではないか」「失敗するのが怖いからなかなか踏み出せない」という人も多いはず。けれど、山口さんのお話にもあったように、いつか迎えるセカンドライフを豊かに過ごすためにも、まずは始めてみることが大切です。

お金を考えることは、人生を考えること。
「みずほ積立投信」や、ロボアドバイザー「SMART FOLIO」の利用を検討してみるのも選択肢の一つですが、いきなりは踏み出せないという方もいらっしゃると思います。
そういった方に向けて店舗では担当者がお客さまの考えや悩みなどを伺い、しっかりとご自身に合った資産形成方法を考えることで、オリジナルプランを提案いたします。
ぜひ一度、お気軽に店舗へお越しください。

銀行への相談はこんなイメージです

13資産形成セミナー.jpg

* 投資信託には元本割れのリスクや手数料等に関して注意していただきたい点がございます。 投資信託ご購入にあたってのご注意事項についてはこちらからご確認ください。

* SMART FOLIOおよび投資信託には元本割れ等のリスクや手数料等、ご注意いただきたい点がございます。ご注意事項についてこちらからご確認ください。

キーワードで絞り混む
人気記事
ranking人気記事
  • no.1【後編】消費税増税直前!気になる減税制度も要チェック!

    【後編】消費税増税直前!気になる減税制度も要チェック!

    2019.08.09

    記事を見る
  • no.2【前編】消費税増税直前!知っておきたい5つのポイント

    【前編】消費税増税直前!知っておきたい5つのポイント

    2019.08.06

    記事を見る
  • no.3なぜ下腹はぽっこりするの?原因を知って明日に生かそう!

    なぜ下腹はぽっこりするの?原因を知って明日に生かそう!

    2017.10.19

    記事を見る
  • no.4投資信託で得する人・損する人

    投資信託で得する人・損する人

    2019.07.31

    記事を見る
  • no.5オリーブオイルたっぷりのアヒージョは健康的?ヘルシーなアヒージョの食べ方

    オリーブオイルたっぷりのアヒージョは健康的?ヘルシーなアヒージョの食べ方

    2018.04.11

    記事を見る