1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 【50代からの資産運用チャレンジ】~外貨預金編~

【50代からの資産運用チャレンジ】~外貨預金編~

マネー
2018.09.12
【50代からの資産運用チャレンジ】~外貨預金編~

長年勤めた会社から受け取る退職金。「このように大きな金額を受け取るのははじめて」という方が多いのではないでしょうか。

それだけに退職金の運用・管理をどのようにすればよいのか迷う方も少なくありません。どうやらここにも退職金を受け取ったらどうすべきか?を悩んでいる50代の男性がいるようです。

少し様子を見てみましょう。

円預金だけでは金利が低いのが現状

mizuho_ono_yoshida-1.jpg

「いよいよ私も定年退職後のことを考えないといけないな。しかし、これだけまとまった金額が入ってくるのもはじめてだ。人生100年時代なんていわれているし、先々のことも考えないといけないんだが、せっかくのセカンドライフだ。いままでできなかったことにも挑戦したい。でも、普通預金に預けているだけでは金利が低いし、う〜〜〜む......」

どうやら50代になり、退職金の管理・運用やセカンドライフにあれこれと思案を巡らせているようです。退職後は老後の不安もありますが、旅行や趣味などこれまでやりたくてもできなかったことにもお金と時間をつかいたいもの。

しかし、円預金では「定期預金」で300万円以上を10年以上預けていても、金利が0.010%程度と預金するメリットが多くありません(※2018年9月現在。日本の主要銀行)。

「円預金のほかにも、"外貨預金"というのがあるよ」

おっと、誰かが悩める50代にアドバイスをしてくれたようです。

外貨預金は金利が高くなる

mizuho_ono_yoshida-3.jpg

【登場人物①】みずほ
都内の大手IT企業に勤務する20代女性。趣味はジョギングで、ペットのトイプードル「ゴメス」と遊ぶことが日々の癒やし。金融関係に勤める彼氏ができたことがきっかけで、結婚や出産などライフステージにあわせたマネープランニングを強く意識するようになる。


【登場人物②】みずほのお父さん
都内の中小企業に勤める50代男性。一人娘のみずほを溺愛している。みずほが社会人になってからあまり時間を共有できなくなったことが悩みのタネ。「ゴメス」には懐かれていない。みずほが独り立ちをしてから資金に余裕が生まれ、定年退職を見据えた資産運用を考え始める。

父
「おお! みずほ! "外貨預金"とはどういうことだい?」
みずほみずほ
日本はいまデフレの影響もあって超低金利時代だから、円預金をしていてもあまりメリットがないよね?
父
それはわかっているよ!だから、お父さんは悩んでいるじゃないか
みずほみずほ
そこで外貨預金なの! たとえば、みずほ銀行の米ドル外貨普通預金なら0.350%(※2018年7月27日現在/年率、税引前)の金利がつくの。円で預金するのと、外国通貨で預金するのとでは、同じ銀行でも金利は全然違うんだよ
父
!? で、でも、為替レートの変動で元本割れする可能性もあるだろ!?

縦線削除.jpg <真面目に30年コツコツ働いてきたお父さんにとって、「外国通貨」「為替」というキーワードはリスクが高いイメージです>

外貨預金の仕組みとそのメリット、デメリット

外貨預金は、外国通貨での普通預金や定期預金のことを指しています。大きな特徴としては、金利が高くなる一方で、たしかにお父さんがいうように為替レートは日々変動しています。それゆえに元本割れするリスクがあります。また預け入れ時、引き出し時にそれぞれ手数料がかかります。その際に、TTMレート、TTSレート、TTBレートという言葉をつかうことがあります。

●TTMレート(仲値)......銀行が顧客と外貨を売買する際に基準となるレート。
下記のTTSとTTBは、TTMを基準として、手数料などが加えられ決定する
●TTSレート......預け入れ時に円を外貨に交換するときのレート
●TTBレート......引き出し時に外貨を円に交換するときのレート

スクリーンショット 2018-09-10 11.02.11.png

上記の図のように為替レートの変動とともにTTSとTTBが決まり、ここに金利や税金が加わる図式になります。為替変動や為替手数料によって元本割れとなるリスクがあるのは、お父さんのいうとおりです。

* 外貨預金には元本割れのリスクや手数料等に関して注意していただきたい点があります。
外貨預金への預け入れにあたっての注意事項についてはこちらからご確認ください。

外貨普通預金のご注意事項

しかし、金利が円ではなく外貨のものが適用されるので、日本円と比較すると高くなります。為替の変動で元本割れのリスクが生じているときは、円安のタイミングまで円に交換するのを待つこともできます。

【参考】
外貨預金金利について

円の価値もそのままだとは限らない

みずほみずほ
と、いうことまで理解して、お父さんはいっているんだよね?
父
も、もちろんだ!
みずほみずほ
じゃあ、円の価値がそのままじゃないってことも理解しているよね? 円預金が高金利になって1年後に100万円が101万円になっても、その1%分は物価もあわせて上昇している可能性が高いから、経済的な価値は変わっていない場合もある
父
うっ......
みずほみずほ
もちろん円の価値が上昇していることも考えられるけど、為替、物価、金利だったりのさまざまな観点を考慮して、外貨預金はリスクだと考えているわけだよね?
父
うっ......。すみません!為替の変動で元本割れするっていう単純なリスクイメージだけで語ってました!
みずほみずほ
よしよし。でも、お父さんのいうとおりリスクがあるのは間違いないんだよね。でも、分散投資をすることでリスクも軽減することができるんだよ

分散投資でリスクを軽減

mizuho_ono_yoshida-6.jpg

父
分散投資? なるほど! 米ドルやユーロに豪ドル、円と分散して預金をすることでリスクを軽減できるわけだ!
みずほみずほ
さすがお父さん! ひとつの通貨だけを保有していると、なにかアクシデントが起きて暴落しちゃったときに大変なことになっちゃうけど、複数の通貨を保有することで、そのリスクを回避できるの。それから、時間分散も大事なポイントよ
父
じ、時間分散?
みずほみずほ
大きな金額をまとめて一度に投資するんじゃなくて、投資する金額を複数回に分けるの。投資するタイミング(時間)を分散させて、リスクを軽減する手法よ。覚えておいてね!
父
なるほど! お父さん、わかってきたぞ!
みずほみずほ
それでもリスクがあることは間違いないから、余剰資金で始めるのがおすすめ。あとは、外貨預金だけではなくて、投資信託など他の運用方法もあるから自分にあったものを見つけることが大切!ってお父さん! どこいくの!?
父
そうと聞いたら、いても立ってもいられない! いますぐ投資してくる!
みずほみずほ
ちょっと待って!いま私がいったことは基本中の基本なのよ! まずは銀行の店頭でお金のプロに相談した方がいいよ! 状況にあわせて、いろいろなアドバイスをしてくれるから! ちょっと聞いているの!?


退職金の管理・運用はもちろん、セカンドライフの資金については、ライフプランニングシートなどを用いて50代からシミュレーションをしておけば、退職までに余裕をもって準備できます。住宅ローンを払い終わったら、手元資金はいくらのこるのか? どのようなことにお金が必要になってくるのか?など、収支をいまのうちから把握しておくことで、余裕をもったセカンドライフを送ることができるようになります。

退職金の受け取り前に準備しておきたい「ライフプランニングシート」とは?

さて、外貨預金にはメリットもデメリットも存在しますし、人によって投資先として向いているのか、投資額はどのくらいがいいのか、など条件は異なってきます。少しでも興味や疑問があったら、くわしい話をききに店頭に行くことをおすすめします。

銀行ならおかねのことを何でも相談できる?銀行員に聞いてみた
預金・投資信託・保険・ローン。おかねのことを銀行に相談するメリットとは?

(記事提供元、画像提供元:サムライト株式会社)

キーワードで絞り混む
人気記事
ranking人気記事
  • no.1「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    2018.05.23

    記事を見る
  • no.2あなたの公的年金、 「受け取り方」でこんなに変わります! 受給開始は「70歳から」が、もっともおトク?

    あなたの公的年金、 「受け取り方」でこんなに変わります! 受給開始は「70歳から」が、もっともおトク?

    2018.08.29

    記事を見る
  • no.3退職金の受け取り前に準備しておきたい「ライフプランニングシート」とは?

    退職金の受け取り前に準備しておきたい「ライフプランニングシート」とは?

    2018.07.18

    記事を見る
  • no.4いまの保険は適切ですか? 保険を見直したほうがいい理由とタイミング

    いまの保険は適切ですか? 保険を見直したほうがいい理由とタイミング

    2018.08.01

    記事を見る
  • no.5節税効果のある''個人年金保険''と''iDeCo''で賢く老後に備える。

    節税効果のある''個人年金保険''と''iDeCo''で賢く老後に備える。

    2018.04.04

    記事を見る