1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 大人の変化球!東京湾クルーズで記念日サプライズ

大人の変化球!東京湾クルーズで記念日サプライズ

ライフ
2017.09.07
大人の変化球!東京湾クルーズで記念日サプライズ

パートナーの誕生日や二人の記念日、子どもの独立や退職記念日など、人生のターニングポイントで、特別なサプライズを提供したい......。
そんなあなたにおすすめなのが、東京湾クルーズです。存在は知っていても、行ったことはないという方も多いのでは。東京湾クルーズ、その魅力はどんなところにあるのでしょうか?

いつもの風景を海上から眺めてみよう

見慣れた東京の風景も、海上から見れば趣きが違うもの。東京湾クルーズの醍醐味は、見慣れた街の風景を海からという違った角度から眺められるという非日常感にあります。「東京湾クルーズ」の運営会社は複数あり、それぞれに運航コースや特徴が微妙に異なります。
たとえば、日の出埠頭を出発し、東京タワー・レインボーブリッジ・お台場を眺めながら舞浜エリアを通る航路など。ほかにも、レインボーブリッジをくぐり、お台場や東京ゲートブリッジを見ながら、羽田空港横を周遊するコースもあります。
レインボーブリッジの下をくぐるなんて、めったに体験できないので盛り上がること間違いなし。羽田空港を臨むコースなら、離発着する飛行機が間近に見えて大迫力です。
青空の下でのランチクルーズ、夕日を眺めるサンセットクルーズ、ロマンチックな夜景とディナーを楽しむナイトクルーズと、季節や時間帯、ゲストの好みにあわせてコースを選ぶのもおすすめ。
クルーズ船専用桟橋から出発するプランなら、クルーズ中だけでなく、出発から下船まで気分を盛り上げることができます。

お花見、花火にクリスマス、イベントはクルーズ船で

各運営会社とも、イベントに力を入れています。初日の出、お花見、花火大会、クリスマスはもちろん、夏場の納涼クルーズやビアガーデン、船上バーベキュー、「怪談クルーズ」なんて変わり種も。クリスマスや花火大会ディナーはとくに人気がありますが、開催日や座席数が限られているため、早めの予約が欠かせません。

また、花火大会はあえて洋風のクルーズではなく、下町情緒あふれる屋形船を選んでみるというのも、粋な遊びといえるのではないでしょうか。浴衣を着て屋形船を楽しみたいという方のために、浴衣のレンタルと着付けプランを用意している屋形船もあります。これなら、お出かけのあとにさっと着替えて、サプライズでの浴衣デートを楽しめますね。

クルーズデートに、大人ならではの変化球を

夜景を見ながらのクルーズ船での食事もすてきですが、よりサプライズ感を演出したいなら、あえて「変化球」を選んでみてもよいかもしれません。
たとえば、お出かけがてらレストランで食事を済ませ、そのままクルーズ船にエスコートするというのはいかがでしょうか。食事を、陸上のレストランと船上のディナーの2プランから選べるクルーズ会社もあります。思い出のレストランで食事をしたあとに、ドライブがてら桟橋に移動してからのクルーズデート......なんて、ロマンチックな記念日になるのではないでしょうか。

大人だからこそ、クルーズで非日常感を

「クルージング」という非日常感は、ランチ、サンセット、ナイトなど、どのシーンも選びません。いまさら記念日にサプライズなんて......といわず、大切な人に特別な体験をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

参考:
舟運事業者一覧|東京 舟めぐり
(記事提供元:株式会社イノーバ、画像提供元:株式会社アマナ)

キーワードで絞り混む
人気記事
ranking人気記事
  • no.1「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    「配偶者控除」の改正で増税になる家庭も。資産形成に活用できる新たな非課税・税制優遇制度とは?

    2018.05.23

    記事を見る
  • no.2猫の里親になる前に!50代から新しい家族を迎えるメリットと心構え

    猫の里親になる前に!50代から新しい家族を迎えるメリットと心構え

    2018.06.07

    記事を見る
  • no.3イマドキの「結婚祝い金」大人世代が知っておくべき相場とは?

    イマドキの「結婚祝い金」大人世代が知っておくべき相場とは?

    2017.06.28

    記事を見る
  • no.4第5回 50代からの''ギモン''調査しました。

    第5回 50代からの''ギモン''調査しました。

    2017.06.15

    記事を見る
  • no.5いまだからこそ楽しめる!ひと味違う海外旅行先3選

    いまだからこそ楽しめる!ひと味違う海外旅行先3選

    2017.03.30

    記事を見る