1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. はじめてのNISA、うまく活用してしっかりと運用しよう

はじめてのNISA、うまく活用してしっかりと運用しよう

マネー
2017.03.30
はじめてのNISA、うまく活用してしっかりと運用しよう

50代の投資初心者が運用を始める際に、上手に活用したい制度がNISA(ニーサ)です。イギリスのISA(アイサ)にならった制度で、個人投資家の裾野を広げるねらいで導入されました。しかし、まだまだ浸透しているとはいえません。口座を開いただけで利用していない人も多いといわれるNISAのメリットを紹介します。

NISAとは?

NISAとは、少額投資非課税制度の愛称。投資信託による運用益や配当金を一定額非課税にする制度のことで、税制面で大きなメリットを享受できます。
NISAのポイントはつぎの5つとなります。

  1. 非課税投資枠は最大で600万円まで
  2. 2016年から2023年まで、非課税投資枠の1年ごとの上限は120万円
  3. 非課税期間はそれぞれ投資をはじめた年から最長で5年間
  4. 公募株式投資信託・上場株式等の配当所得・譲渡所得が非課税
  5. 口座開設ができるのは満20歳以上の日本の居住者

たとえば、2016年1月に120万円分の投資信託を購入し、配当金や値上がりによって5年後までに資産価値が100万円増加したとします(ただし、元本割れする可能性もあります)。売却によってこの100万円が利益として確定した場合、通常であれば20.315%の税金(20.315万円)がかかりますが、NISAを利用していれば非課税になります。

お子さま・お孫さまの将来に向けた資産運用制度として、ジュニアNISAも用意されています。運用管理者が代理で資産運用を行う点を除けば、基本的な設計はNISAとほぼ同じです。ジュニアNISAの上限は毎年80万円(5年間で最大400万円)となります。

どんな投資信託がベスト?ポイントを押さえよう

NISAには非課税枠という制限がありますので、NISAのメリットを最大限に引き出せるよう上手に活用したいところです。NISAを利用して投資する場合、おすすめの投資信託にはどのような特徴があるのかを探ってみましょう。
長期投資では、運用で得た分配金などを再投資することで、複利効果により運用効率を高めることができます。しかし、NISAでは分配金を再投資した場合、再投資金額として非課税投資枠を利用することになりますので、非課税枠が限られるNISAでは分配金の頻度が低く、金額も少ない投資信託がおすすめとなります。
NISAでは一度売却すると非課税枠の再利用はできません。投資のタイミングは専門家でも難しく、初心者であればなおさらです。限られた非課税枠のなかで効率的な運用を目指すのであれば、運用会社が市場環境に応じて投資信託内の資産分配を見直してくれる、"おまかせ型"の投資信託を利用するのも有効でしょう。

なお、NISAでの投資は、ほかの課税口座での投資との損益通算ができない点に注意しましょう。非課税のメリットをより確実に受けたいと考えるのであれば、安定的なリターンを目指す低リスク投資信託への投資がおすすめです。
銀行が開催する相談会にお気軽に相談してみませんか

上手に利用して「貯蓄から資産形成へ」踏み出そう

「貯蓄から資産形成へ」というフレーズを耳にしたことがあるかと思います。「資産形成」というと大げに感じられるかも知れませんが、NISAは資産形成を簡単かつ効率的に行うための有効な制度となります。
投資の目的は人それぞれですので、NISAをどう利用すべきかについて一概にいうことは難しいのですが、メリットや注意点をしっかりと把握し、NISAを賢く利用して資産形成の第一歩をスタートしてみてはいかがでしょうか。
*投資信託は預金と異なり、元本割れ等のリスクや手数料などのコスト等、商品性にかかわるご注意事項があります。くわしくは、投資信託のご注意事項をご確認ください。

参考: みずほ銀行:NISA

(記事提供元:株式会社イノーバ、画像提供元:株式会社アマナ

キーワードで絞り混む
人気記事
ranking人気記事
  • no.1あなたの公的年金、 「受け取り方」でこんなに変わります! 受給開始は「70歳から」が、もっともおトク?

    あなたの公的年金、 「受け取り方」でこんなに変わります! 受給開始は「70歳から」が、もっともおトク?

    2018.08.29

    記事を見る
  • no.2貯蓄1,700万円でも不足!?50代独身男性の家計相談を公開!

    貯蓄1,700万円でも不足!?50代独身男性の家計相談を公開!

    2018.10.17

    記事を見る
  • no.3所得税、住民税、社会保険料......まちがえると恐ろしい 「退職金」にまつわる税金の話

    所得税、住民税、社会保険料......まちがえると恐ろしい 「退職金」にまつわる税金の話

    2018.09.26

    記事を見る
  • no.450代は保険を見直す絶好のチャンス!長生きするとトクをするトンチン年金保険とは?

    50代は保険を見直す絶好のチャンス!長生きするとトクをするトンチン年金保険とは?

    2018.10.31

    記事を見る
  • no.5退職金の受け取り前に準備しておきたい「ライフプランニングシート」とは?

    退職金の受け取り前に準備しておきたい「ライフプランニングシート」とは?

    2018.07.18

    記事を見る